断熱材の施工で不良率ダウン

断熱施工してない工場の室温は朝昼では10度以上の気温差があることもあり、鉄でできている工作機械も影響を受けます。 鉄は10℃違うと1mの長さの物で0.1mm伸び縮みします。工場の室温を一定に保つことができれば安定した機械加工が可能になります。


実際に弊社の高精度円筒研磨機による±3ミクロンの公差の加工で、10%ほど不良が出ていたものが、断熱材を施工することによって不良率1%以内で安定して加工ができるようになりました。

 

お気軽にお問い合わせください。0567-95-1343

メールでのお問い合わせはこちら